薬剤師の派遣求人の事情と魅力


薬剤師は派遣社員として働いている人も大勢いて様々な現場で活躍していますが、求人事情はどのようになっているのでしょうか。派遣で働くのには正社員やパートとは違う魅力があります。そのメリットやデメリットについても解説するので、現状として薬剤師が派遣で働くのは魅力があるのかどうかを見極められるようになりましょう。

薬剤師の派遣求人の動向

薬剤師の派遣求人は一般的な職種に比べるとかなり多い傾向が続いています。派遣社員が募集されるのはすぐにでも人材を確保しなければならないときや、パートを探しても見つからないとき、確実に戦力になる人を一時的に迎え入れたいときが典型的です。

特に薬剤師の場合には派遣社員に比べるとパートの方がかなり時給が低いので、求人募集をしてパートを雇用することができればコストカットになるのは明らかでしょう。

派遣の場合には派遣会社に相談することで必要な能力や経験を持っている人を速やかに紹介してもらえます。このコストパフォーマンスを考えたときにメリットが大きいと考えた施設が利用しているシステムです。薬剤師を取り巻く社会事情として全体的な不足があるのは確かで、派遣求人がよく出されているのが実態です。

ただ、全国的に満遍なく豊富な求人が出されているわけではありません。職場の候補になる病院や調剤薬局、ドラッグストアは全国的に広く分布しているのは確かです。ただ、人材の不足状況や、経営における予算の状況には地域差があり、派遣社員を雇ったときにコストパフォーマンスが十分かどうかが違っています。

現状としては資金力がかなりある都会の病院や調剤薬局からの求人は豊富です。

しかし、地方になると経済的に苦労をしているケースが多く、派遣求人は少なめになっています。全体としては都会でも地方でも数があまり変化していないので、安定した求人数があるのは同じです。都会か地方かといった点でも違いがあるのは確かですが、地方でも傾向がかなり異なっています。

地方と言われているところでも、安定して働きやすいこともあるので、派遣社員として働きたいと思ったときには地域事情を確認することが重要です。

派遣社員として働くメリット

薬剤師が派遣社員として働くのはメリットがたくさんあります。数ヶ月から二年程度を目安として契約をして、その契約期間が終わったら次の職場を探してまた契約をするという流れで働くのが派遣社員の特徴です。求人がかなり少ない地域では仕事を見つけられない心配がありますが、都会や一部の地方のように求人が豊富なところであれば仕事に困ることはないでしょう。

派遣社員になると契約期間が満了した時点で、どのくらいの時間を仕事に費やしていくかを考えられます。フルタイムから週一くらいまで幅広く働き方を選べるので、ライフステージに応じた働き方を選んでいきやすいのが魅力です。

薬剤師の派遣社員は時給の水準も高いのがメリットです。フルタイムの契約では正社員とほとんど遜色がないこともあるので、経験を積んでいる人ならかなり稼げる可能性があります。また、業務の責任が正社員に比べて低いのもメリットとなり得る点で、責任があまり大きい仕事をするのは精神的に負担が大きいと思っている人でも薬剤師として働きやすいでしょう。

派遣社員として働くデメリット

派遣社員として働くのにはデメリットもあるので注意が必要です。地方で働くケースを考えてみるとわかりやすく、求人があまりないと契約が切れた後に給料が途絶えてしまうことになります。このデメリットを払拭するには十分に求人がある地域で働くことが必要でしょう。

また、薬剤師としての経験が高く評価されるのが派遣社員の特徴で、即戦力になるスキルがないと時給が大幅に下がるのが一般的です。ベテランには向いていますが、経験があまりない人にとっては稼ぎにくいのがデメリットでしょう。

キャリアの考え方についても重要な問題で、色々な職場で経験を積んでもキャリアとして認めてもらえないこともあるのが問題点です。

派遣社員からのキャリアの考え方

キャリアについては派遣社員になる上で気を付けなければならない点で、ずっと派遣社員として働くのであれば問題はありません。しかし、正社員として働きたいなど、その後に転職を考えるときにはキャリアが履歴書上に記載しにくいのが問題になりがちです。

ただ、派遣社員として働くときには紹介予定派遣を利用することも可能です。紹介予定派遣なら派遣期間が満了した後に正社員として採用してくれる可能性があります。紹介予定派遣をうまく活用すればキャリアの不安もなくすことができるでしょう。

紹介予定派遣の数もたくさんある地域が多いので特に大きな心配がないと考えられます。

どういう人にとって派遣社員は魅力的か

このような状況を鑑みてみると薬剤師が派遣社員として働くのにはどんな人にとって魅力が大きいのでしょうか。ライフステージに応じて柔軟に働き方を変えて行きたい人にとってはメリットが大きいので向いているでしょう。

ライフステージにこだわらずとも、自由度の高い働き方をしたいという希望があるなら派遣社員になるのは魅力的です。ただ、将来的には正社員になって働きたいと考えている場合には紹介予定派遣を使うなどの工夫が必要になるので注意しましょう。

また、働く地域についても向き不向きがあるのは明らかで、都会や一部の地域では求人が豊富なので仕事を失うリスクがなくて安心です。しかし、地域によっては派遣薬剤師があまり活用されていないので、そのような地域で生活していきたい人にとってはあまり向きません。

派遣社員の性質から考えると理解できるように、基本的には短期間の仕事になります。責任の重い仕事を任されることはあまりないので、精神面の負担を軽減して働きたい人にも向いているでしょう。色々な職場を転々とできるので幅広い仕事を経験したい人や、新しい職場で出会いがあるのが魅力と感じる人にも適している働き方です。

自分に合っているかを考えて決めよう

薬剤師は派遣社員として働くとライフステージに応じた働き方を選びやすく、年収も働き方次第で正社員と遜色ない状況になるのがメリットです。

安定職として働くには求人事情を考慮すると都会を選ばなければならないのがデメリットでしょう。社会的ステータスの問題もあることを考慮し、メリットが大きくて自分に合っていると思ったら派遣で働きましょう。

参照元:薬剤師求人|https://www.apo-mjob.com/list/saitama